JIAECロゴ 協会概要お問い合わせサイトマップ

 外国人研修・技能実習制度

外国人研修・技能実習制度は、我が国で開発され培われた技術・技能・知識を諸外国へ移転することを目的として創設され、国際協力・国際貢献の重要な一翼を担ってきました。しかし、その一方で、本来の目的が十分に理解されずに、研修生・技能実習生が実質的に低賃金労働者として扱われるなどの問題が生じ、早急な対応も求められていました。そこで、研修生・技能実習生の法的保護およびその法的地位の安定化を図るため、制度の一部改正が行われ2010年7月1日から新しい技能実習制度が施行されました。

 新しい外国人技能実習制度

2009年7月15日「出入国管理及び難民認定法及び日本国との平和条約に基づき日本の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する特例法の一部を改正する等の法律」が公布され、新しい外国人技能実習制度が2010年7月1日から施行されました。新しい制度では以下の活動を行うことができる在留資格「技能実習」が新たに創設されました。

技能実習1号 「講習による知識修得活動」および「雇用契約に基づく技能等修得活動」
技能実習2号 技能実習1号の活動に従事し、技能等を修得したものが当該技能等に習熟するため、雇用契約に基づき修得した技能等を要する業務に従事する活動

技能実習期間は技能実習1号・2号合わせて最長3年間です。当協会(JIAEC:ジーク)のインドネシア人技能実習生の場合は、技能実習1号の期間が入国から1年間、技能実習2号の期間が2年間です。
しかし、外国人技能実習制度をご利用頂く場合は、下記2点の要件があります。

↑ページトップへ

 技能実習生の受入要件1:受入可能な人数枠の要件

法人企業および個人事業主のいずれでも受入可能ですが、企業の常勤従業員数(雇用保険被保険者数が参考となります)により、受入可能な人数枠の制限があります。

技能実習生(1号)の受入が可能な人数 (1社あたり)
常勤従業員数
(雇用保険被保険者数、ただし技能実習生[1号・2号]を除く)
50人以下 51〜100人 101〜200人 201〜300人 301人以上
受入可能な技能実習生(1号)の人数 3人以下 6人まで 10人まで 15人まで 従業員数の1/20
※常勤職員数(雇用保険被保険者数が参考となります)が2人以下の企業の場合、常勤従業員数を超える人数の技能実習生を受け入れることはできません。

事例:従業員50人以下企業の場合
受け入れ1年目 受け入れ2年目 受け入れ3年目
3人まで 6人まで 9人まで
技能実習生3人 実習生3人 実習生3人
  技能実習生3人 実習生3人
  技能実習生3人
その他の要件
●技能実習生への宿舎の提供
●技能実習指導員、生活指導員の確保
 
※常勤従業員2人以下の企業の場合、常勤従業員数を超える人数を受け入れることはできません。

※技能実習生(1号)が滞在12ヶ月目に技能実習生(2号)に移行すると、技能実習生(1号)の受入人数枠が空くため、新たに技能実習生(1号)を受け入れることができます。
技能実習生1人 --- 技能実習生(1号)
実習生1人 --- 技能実習生(2号)
↑ページトップへ

 技能実習生の受入要件2:「技能実習の職種・作業」の要件

耕種農業職種の技能実習
耕種農業職種の技能実習
農業関係
非加熱性水産加工食品製造業職種の技能実習
非加熱性水産加工
食品製造業職種の技能実習
食品製造関係
機械加工職種の技能実習
機械加工職種の技能実習
機械・金属関係
溶接職種の技能実習
溶接職種の技能実習
その他関係

技能実習期間が技能実習1号・2号合わせて最長3年間の技能実習生の受入の際は、「技能実習の職種・作業」に制限があります。外国人研修制度・技能実習制度の適正かつ円滑な推進に寄与することを基本として受入機関に対し助言指導を行う公益財団法人 国際研修協力機構(JITCO:ジツコ)によると、移行対象職種・作業(=3年間の技能実習生の受入の対象となる職種・作業)は、職業能力開発促進法に基づく技能検定の職種・作業と、職業能力開発局長が開催する「技能実習評価試験の整備に関する専門家会議」により認定される技能実習評価試験職種・作業とを併せて、2017年5月22日現在で合計74職種・134作業あります。このうち、技能検定によるものが54職種85作業、技能実習評価試験によるものが20職種49作業あります。
「技能実習の職種・作業」(技能実習2号移行対象職種)、すなわち技能実習を最長3年間実施できる職種・作業は以下の通りです。(74職種134作業:2017年5月22日現在

 1 農業関係(2職種6作業)

職種 作業名
耕種農業 施設園芸
畑作・野菜
果樹
畜産農業 養豚
養鶏
酪農
注)無印の職種は技能検定職種
*の職種は技能実習評価試験職種(旧JITCO認定職種)

 2 漁業関係(2職種9作業)

職種 作業名
漁船漁業 かつお一本釣り漁業
延縄漁業
いか釣り漁業
まき網漁業
曳網漁業
刺し網漁業
定置網漁業
かに・えびかご漁業
養殖業 ホタテガイ・マガキ養殖作業
注)無印の職種は技能検定職種
*の職種は技能実習評価試験職種(旧JITCO認定職種)

 3 建設関係(21職種32作業)

職種 作業名
さく井 パーカッション式さく井工事作業
ロータリー式さく井工事作業
建築板金 ダクト板金作業
内外装板金作業
冷凍空気調和機器施工 冷凍空気調和機器施工作業
建具製作 木製建具手加工作業
建築大工 大工工事作業
型枠施工 型枠工事作業
鉄筋施工 鉄筋組立て作業
とび とび作業
石材施工 石材加工作業
石張り作業
タイル張り タイル張り作業
かわらぶき かわらぶき作業
左官 左官作業
配管 建築配管作業
プラント配管作業
熱絶縁施工 保温保冷工事作業
内装仕上げ施工 プラスチック系床仕上げ工事作業
カーペット系床仕上げ工事作業
鋼製下地工事作業
ボード仕上げ工事作業
カーテン工事作業
サッシ施工 ビル用サッシ施工作業
防水施工 シーリング防水工事作業
コンクリート圧送施工 コンクリート圧送工事作業
ウェルポイント施工 ウェルポイント工事作業
表装 壁装作業
建設機械施工 押土・整地作業
積込み作業
掘削作業
締固め作業
注)無印の職種は技能検定職種
*の職種は技能実習評価試験職種(旧JITCO認定職種)

<参考>ほかに建設に関係するものとして、別掲の塗装職種に「建築塗装作業」と「鋼橋塗装作業」の2作業がある。

 4 食品製造関係(9職種14作業)

職種 作業名
缶詰巻締 缶詰巻締
食鳥処理加工業 食鳥処理加工作業
加熱性水産加工
食品製造業
節類製造
加熱乾製品製造
調味加工品製造
くん製品製造
非加熱性水産加工
食品製造業
塩蔵品製造
乾製品製造
発酵食品製造
水産練り製品製造 かまぼこ製品製造作業
牛豚食肉処理加工業 牛豚部分肉製造作業
ハム・ソーセージ・
ベーコン製造
ハム・ソーセージ・ベーコン製造作業
パン製造 パン製造作業
惣菜製造業 惣菜加工作業
注)無印の職種は技能検定職種
*の職種は技能実習評価試験職種(旧JITCO認定職種)
 

 5 繊維・衣服関係(13職種22作業)

職種 作業名
紡績運転 前紡工程作業
精紡工程作業
巻糸工程作業
合撚糸工程作業
織布運転 準備工程作業
製織工程作業
仕上工程作業
染色 糸浸染作業
織物・ニット浸染作業
ニット製品製造 靴下製造作業
丸編みニット製造作業
たて編ニット
生地製造
たて編ニット生地製造作業
婦人子供服製造 婦人子供既製服縫製作業
紳士服製造 紳士既製服製造作業
下着類製造 下着類製造作業
寝具製作 寝具製作作業
カーペット製造 織じゅうたん製造作業
タフテッドカーペット製造作業
ニードルパンチカーペット製造作業
帆布製品製造 帆布製品製造作業
布はく縫製 ワイシャツ製造作業
座席シート縫製 自動車シート縫製作業
注)無印の職種は技能検定職種
*の職種は技能実習評価試験職種(旧JITCO認定職種)

 6 機械・金属関係(15職種27作業)

職種 作業名
鋳造 鋳鉄鋳物鋳造作業
非鉄金属鋳物鋳造作業
鍛造 ハンマ型鍛造作業
プレス型鍛造作業
ダイカスト ホットチャンバダイカスト作業
コールドチャンバダイカスト作業
機械加工 旋盤作業
フライス盤作業
金属プレス加工 金属プレス作業
鉄工 構造物鉄工作業
工場板金 機械板金作業
めっき 電気めっき作業
溶融亜鉛めっき作業
アルミニウム
陽極酸化処理
陽極酸化処理作業
仕上げ 治工具仕上げ作業
金型仕上げ作業
機械組立仕上げ作業
機械検査 機械検査作業
機械保全 機械系保全作業
電子機器組立て 電子機器組立て作業
電気機器組立て 回転電機組立て作業
変圧器組立て作業
配電盤・制御盤組立て作業
開閉制御器具組立て作業
回転電機巻線製作作業
プリント配線板 プリント配線板設計作業
プリント配線板製造作業
注)無印の職種は技能検定職種
*の職種は技能実習評価試験職種(旧JITCO認定職種)

 7 その他(12職種24作業)

職種 作業名
家具製作 家具手加工作業
印刷 オフセット印刷作業
製本 製本作業
プラスチック成形 圧縮成形作業
射出成形作業
インフレーション成形作業
ブロー成形作業
強化プラスチック成形 手積み積層成形作業
塗装 建築塗装作業
金属塗装作業
鋼橋塗装作業
噴霧塗装作業
溶接 手溶接
半自動溶接
工業包装 工業包装作業
紙器・段ボール箱製造 印刷箱打抜き作業
印刷箱製箱作業
貼箱製造作業
段ボール箱製造作業
陶磁器工業製品製造 機械ろくろ成形作業
圧力鋳込み成形作業
パッド印刷作業
自動車整備 自動車整備作業
ビルクリーニング ビルクリーニング作業
注)無印の職種は技能検定職種
*の職種は技能実習評価試験職種(旧JITCO認定職種)
↑ページトップへ

 JIAECのインドネシア人技能実習生受入の流れ

当協会を通じてインドネシア人技能実習生を受け入れた場合、どのような流れになるかをご覧になりたい方はこちら→の画像をクリックして下さい。

JIAEC技能実習生受入の流れ
詳細は↑をクリック
↑ページトップへ
制度の具体的内容や諸費用等については、お気軽にお問い合わせ下さい

◆当協会の紹介動画
こちらをクリックして下さい。

お電話でのお問合せ
・東京本部

〒102-0083 東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門6階
公益社団法人 日本・インドネシア経済協力事業協会
電話:03-3221-0613(代表)
※「技能実習生受入事業のホームページを見た」と一言お伝え下さい。
FAX:03-3221-4717
・各国内支局(電話番号と所在地はこちらをクリック)
※「技能実習生受入事業のホームページを見た」と一言お伝え下さい。

◆電子メールでのお問合せ
E-mail:
※迷惑メール防止対策のため、記載メールアドレスは画像を利用しております。

技能実習生受入事業HOME技能実習制度について技能実習生受入の流れ
技能実習生受入企業の声JIAECの強み
介護職種の技能実習生介護職種技能実習生の受入要件JIAECの介護職種技能実習生の特徴
HOME協会概要協会の紹介動画組織図会員細則・入会申込
技能実習生受入事業看護・介護支援事業経済協力コンサルタント事業
人材交流事業事業内容 予算・決算お問い合わせ・リンク個人情報保護方針
情報・文書管理基本方針節電実行計画職員募集サイトマップ
Copyright© Japan Indonesia Association For Economy Cooperation. All Rights Reserved.