JIAECロゴ 協会概要お問い合わせサイトマップ

 技能実習生受入企業の声

ここでは、当協会(JIAEC:ジーク)の会報“JIAEC NEWS”の名物コーナー「企業訪問リポート」からの抜粋形式で、インドネシア人技能実習生を受け入れて頂いている受入企業の生の声を紹介致します。

 T株式会社 様

 「作った電車が走る喜び、研修生と共に」〜事故・災害ゼロの3年間を〜

以下JIAEC NEWS 2006年9月号より抜粋

□神奈川県
□電車、特殊車輛製造
□研修職種:溶接(作業名:半自動溶接)
□従業員:1373名

国内外の鉄道車両製造などを手がけるT株式会社の横浜製作所で第一期生のインドネシア人研修生10人が研修を始めて、約1ヵ月半が経った。研修生のやる気や態度についての社内での評判は非常に良く、生き生きと研修に励んでいる。同社では研修生受け入れの最大の目的を「(研修生と同社)双方にとってプラスにすること」としている。研修生受け入れの心構えや研修体制などを聞いた。

双方にプラスに
T社の執行役員は、「インドネシアの研修生は素直でまじめ」と太鼓判を押す。ただ、研修・技能実習制度を知った当初はインドネシアに関する知識はほとんどなかったという。1年以上社内で慎重な検討を重ねた結果、公共的な乗り物を製造するという同社の特殊性が研修生にとってもプラスになるとの判断に至った。
汗水流して製作に携わった電車が公の場で走る光景を目にした時は、「本当にうれしいものですよ」(同執行役員)。
この喜びを研修生にもぜひ味わってほしいと目を細めた。
そして、早くも社内で研修生受け入れによる良い兆しが見え始めているという。
計画部長は、研修生の行動を観察する中で「われわれが学ばなければ……」とハッとする場面が何度もあったと語る。例えば、工場内の通路で白線内の歩道を歩くことや、食堂で食器を下げた後、食堂の方々に「ありがとうございました」と言って会釈することなど。研修生の何気ない行動が新鮮に映ったという。これを受け横浜製作所では全部署宛てに、「インドネシア研修生の受け入れにあたって」という文書を配布し、「研修生の模範となるよう襟を正した行動」や「仲間であるという意識で心温かく接すること」などを広く呼びかけた。
双方が早くも相乗効果をもたらしているようだ。

溶接技術を身につけて
「溶接技術をしっかり身につけて帰国してほしい」。これが同社の研修方針の基にある。公共交通である電車は高い安全性が要求されるため、同社では各社員が資格を取得している。研修生はまず10日間の社内溶接研修に参加。最終日に実施された社内検定では全員が見事3級と2級に合格した。現在10人は台車課と構体課に配属となったが、全員が違う係に配属されて日本人社員から個々に指導を受けている。同執行役員はこれについて、研修生同士ではなく日本人との会話の機会を作ることで日本語は必然的にできるようになると説明。さらに、研修生期間中は1ヵ月ごとに配属を交代し、さまざまな技術を習得させる計画という。「スタートからきちんとやる」という心構えが表れている。

研修時間外の経験も大切に
去る7月2日には、同社製造部主催のソフトボール大会に研修生全員が参加した。インドネシアでは野球やソフトボールは普及しておらず、研修生はバットを握るのも初めて。ぎこちないバットさばきだったが、研修生5人が所属する台車課が見事優勝し、研修生にとって忘れられない思い出となった。「せっかく日本にやって来た研修生を、仕事だけでなくレクリエーションにも積極的に誘っていきたい」(総務担当部長)。年内の職場レクリエーションは、社内フェスティバルやバーベキュー大会、みかん狩りなどの行事が目白押しなのだとか。
同執行役員は、研修・実習生の3年間を事故・災害ゼロで過ごして、元気に帰国して欲しいと語る。作業に慣れてくるこれからの時期、特に安全教育に力を入れていく方針だ。同社は、今回の一期生の実績をもとに、今後も研修・実習制度を継続する意向だ。研修・実習生が手がけた電車が日本の人々を運び、彼らが持ち帰った技術がインドネシアの鉄道近代化に重要な役割を果たす。同社の研修・実習制度は、未来につながる長いレールの上を走り出したところだ。
T社執行役員
執行役員

T社計画部長
計画部長

T社総務担当部長
総務担当部長

T社溶接研修中のインドネシア人研修生
溶接研修中の
インドネシア人研修生

 社内溶接コンテストで入賞しました

以下JIAEC NEWS 2008年4月号より抜粋

T株式会社で2月に実施された社内半自動アーク溶接コンテスト(関係会社の部)で、実習生5名が見事10位までに入賞したそうです。コンテストでは、溶接技術について600点満点で採点が行われました。
実習生が、溶接の技術をしっかり身につけているのがすばらしいですね。

優勝:ディアン
3位:ダルソ
5位:サント
6位:ヨノ
7位:モノ

 溶接技術競技会で入賞しました

以下JIAEC NEWS 2009年3月号より抜粋

2008年11月に、T株式会社で実施された溶接技術競技会で、「炭酸ガス半自動アーク溶接 協力会社の部」に実習生10名が参加し、3名が優勝、準優勝、優秀賞(6位)に見事入賞しました。協力会社の部には、47名が参加しました。参加した実習生の得点率が総じて高かったため、「日ごろから真剣に取り組む姿勢の結果である」と評価して頂きました。

左から優勝のスダル、優秀賞のチャヒョ、準優勝のリド
左から優勝のスダル、優秀賞のチャヒョ、準優勝のリド
↑ページトップへ

 株式会社W 様

 「研修生にも共通の高い目標を」〜30年後に良かったと思えるように〜

以下JIAEC NEWS 2006年12月号より抜粋

□埼玉県
□耐摩耗・耐食溶接材料、自動溶接装置の輸入販売、耐摩耗・耐食溶接施工業
□研修職種:溶接(作業名:半自動溶接)
□従業員:20名

耐摩耗・耐食肉盛溶接の分野で国内トップを目指す株式会社Wは、現在3人の研修生・実習生を受け入れている。研修生期間中は社長みずから毎朝30分、日本語やルール、技術の基礎を繰り返し指導したり、社内で行っているネイティブスピーカーによる英語のクラスにも研修生・実習生が参加している。同社の研修生・実習生の人材育成の現場を訪問した。

身近な国際交流
株式会社Wの社長は、研修生・実習生が20年〜30年後に「日本に行ってよかった」と心底思えるようになって欲しいというのが、最大の願いだという。そのためには、今は厳しいことも言わなければいけないという心構えで研修生・実習生と接している。
「異文化と接するのが好き」と語る社長は、財団法人海外技術者研修協会(AOTS)の講師として発展途上国の人材育成の一翼を担ってきた経験がある。研修・技能実習制度を知った時、身近にできる国際交流として最も理想的と考えたそうだ。
社長は毎朝30分、研修生に日本語やルール、技術の基礎を指導している。社長が不在の時は他の社員が交代で担当し、研修期間中は1日も欠かしたことがない。
基礎を繰り返し指導するのは、基礎が身につけばあとは自分で応用できるようになるからだ。
日本語や技術の指導の目的は、彼らの能力を引き出すこと。上手くできた時にほめることを忘れなければ、間違いを指摘した時にも自然に受け入れられるようになるという。

研修生が刺激に
社長は同社について、小さな会社ながら「標準ものさし」が使えることが特徴と説明する。耐摩耗・耐食肉盛溶接の分野で事業拡張を目指す同社では、どこでも通用する基準や、同社の技術を公開して外部から評価してもらう仕組みなどを採用しているという。
「会社を伸ばす」というのは、研修生・実習生を含めた全社員共通の目標。社長は、インドネシア人研修生・実習生は高いプライドを持っているので、研修生・実習生にも共通の高い目標やルールを設定して、一緒に進んでいくのが望ましいと話している。同じルールを他の社員とともに守り、同じ目標に向かっていく過程で仲間意識が生まれ良好な関係が築けるのだ。
研修生受け入れによる効果もある。研修生にも分かるように、社員が標準の日本語を使うようになったこと。そして、一緒に仕事をする中で垣間見える研修生・実習生の発想の違いや忍耐強さが、日本人社員に与える刺激を期待しているという。
現在3年間の研修・技能実習期間が今後延長されれば望ましいが、それには「受け入れ企業に魅力がなければいけない」と強調した。

日本での生活をサポート
生活面では、総務部リーダーが母親代わりとなって気を配って下さっている。総務部リーダーは海外で生活した経験があり、親元を離れての生活が「大変なことは良く分かる」と語る。インドネシアの親御さんからお預かりしているという意識があるので、元気で帰ってほしいというのが一番の願いだ。
研修生を受け入れるようになってから、インドネシア関連のニュースに敏感になったという。世界中の数ある国の中でインドネシアという国を知ることができたのは「とても幸せなこと」。
研修生ができるだけ自然に日本の生活になじめるように、全社員にイスラム教徒が豚肉を食べられないことを周知徹底したり、親戚のお墓参りに連れて行き日本の文化と習慣を紹介するなど、手助けをしてくれている。一期生の帰国が近づくにつれ、「彼らの故郷をいつか訪れてみたい」との思いが高まっている。
研修生・実習生は休日には、空手を習ったり、テニスサークルに参加したり、地域指導員の先生や会社の方と一緒に寮の草むしりをしたり、日本人との交流を十分楽しんでいるようだ。
同社グループは英国を拠点に世界各地で27社が事業展開しており、インドネシア法人も設立されている。社長は、実習生が帰国時に自信を持って推薦状を持たせるつもりでいる。
W社社長
社長

W社総務部リーダー
総務部リーダー

W社社長と研修生
社長と研修生
↑ページトップへ

 株式会社E 様

 「真面目な実習生の姿に好感」〜寮生活の効果大〜

以下JIAEC NEWS 2007年5月号より抜粋

□千葉県
□鋳鉄・高合金鋳鉄およびステンレス鋳鋼品などの製造・販売
□研修職種:鋳造(作業名:鋳鉄鋳物鋳造作業)
□従業員:約150名

株式会社Eは、主に風水力機械鋳物素材の製作で73年の実績がある。同社のインドネシア人実習生2人は、長い歴史の中で培われた鋳造技術を熟練の社員の方から直接指導して頂いている。生活面では社員寮に入寮して、日本の規則正しい生活を、日々の暮らしの中で自然と身に付けているようだ。

鋳造の熟練技術
株式会社Eは、風水力機械鋳物素材をはじめとする各種鋳造品の製作で長い実績がある。同社の社長によると、最大の強みは、鋳鉄とステンレスの両方を手掛け、大型品から精密品にいたる多様な鋳造技術を誇る点だという。主要生産品目は基幹産業を支える大型ポンプ用ケーシングや、ポンプの心臓部ともいえるインペラ(羽根車)などで、これらの鋳造設備・実績では、国内5本の指に入る規模を誇っている。これに加え、シリコンウェハ(ICチップのベースとなる半導体の基盤)を研磨するための「ラッピング定盤」や、強い靭性や耐食性に優れたプラスチック製のポンプや除塵機の分野でも、同社の高い技術力に注目が高まっている。
同社は、昨年1月にインドネシア人研修生1期生2人を受け入れた。研修生受け入れ前の検討段階では、書類や受け入れ準備などの複雑な手続きが若干わずらわしいと思った時期もあったそうだ。しかし、研修生2人が無事実習生になった今、社長は「真面目に取り組む実習生の姿を見るのが楽しい」と目を細める。

寮生活の効果
実習生は、会社から車で10分ほど離れた社員寮で生活している。寮では、いつも大きな声で挨拶をし、規則正しい生活を送っている。食堂で用意して頂いている食事も、残さず食べておかわりをするのが日課。寮長さんからは、「いつもきれいに食べてくれて作り甲斐がある」と評判なのだとか。
管理部部長は、規則正しい生活や日本人社員との交流など、「入国当初から寮に入ったのがとても良かった」と振り返る。日本人社員ともすっかり打ち解けて、「もう2〜3年いるような気がする」そうだ。社内のイベントにも、2人とも喜んで参加している。
実習生に、技術や日本語だけでなく生活面まで指導してくださっている工場長は、実習生は順応性が良いと評価する。これまでに一番不安だったことは、実習生への移行を前にした技能検定試験だったという。鋳造技術は、日ごろから工場長をはじめ熟練の社員の方とともに十分指導して頂き研修生も習得していたが、実技試験の時間が通常鋳鉄の造型に要する時間に比べて短かったことなどが不安につながった。実習移行の条件となる技能検定試験は、研修生だけでなく受け入れ企業の指導員にとっても関心事であり、多大な尽力を頂いていることが伝わってきた。

日記に見る成長
社長は、今後日本が技術を向上させていくのに伴い、現在日本で使われている技術は必ずインドネシアなど新興国に移転していくと分析する。そのため、実習生が日本で学んでいる技術は、必ず将来インドネシアで役に立つ日が来るはずだ。社長は、彼らの帰国時には同社で3年間の研修・実習を終えた証明書として卒業証書を手渡す計画という。実習生には将来技師としてやっていける能力が十分にあると期待を示した上で、日本で取得した技能検定の合格証書と同社の卒業証書を持ち帰り、将来のために役立てることを希望している。
工場長はまた、研修・実習生という立場では3年間という時間的制約や費用面での問題もあり、能力があっても日本人社員と同じ高度な資格を取らせてあげられないのが残念と語ってくれた。
研修生が入国以来毎日欠かさず書いている日記は、すでに3冊目に突入した。「漢字を沢山使って、日本人より丁寧な字を書いているので関心します。書いている内容も、とてもかわいいですよ」(社長)。
日記をめくってみると、1ページごとに成長の跡が見える。3年間で何冊になるかはまだ分からないが、彼らが自ら記した成長の記録もまた、帰国時には将来につながる大切な勲章になるだろう。
E社代表取締役
代表取締役

E社工場長
工場長

E社管理部部長
管理部部長

E社鋳型に塗型剤を塗る技能実習生
鋳型に塗型剤を塗る
技能実習生


E社技能実習生が毎日書き、工場長が添削する日記
技能実習生が毎日
書き、工場長が
添削する日記
↑ページトップへ

 M株式会社 様

 「つながりを大切に」〜インドネシアで植樹活動〜

以下JIAEC NEWS 2008年11月号より抜粋

□埼玉県
□木製品製造(収納家具)
□研修職種:家具製作(作業名:家具手加工作業)
□従業員:93名

M株式会社は、収納家具や室内ドアなど木製家具製造の分野で成長を続け、今年創立55周年を迎えた。木材を原料とする同社は、環境への取り組みに力を注いでいる。8年前から総勢16名の研修生・実習生を受け入れてきた同社。何でも相談できる環境が、研修生と企業の信頼関係につながっているようだ。

植樹プロジェクト
M株式会社は、1953年(昭和28年)に埼玉県で創立し、家具製作を開始した。その後、ステレオ用木製キャビネットの生産に着手し、東芝、日電(NEC)やソニーに納入することで成長を遂げた。現在は、パナソニック電工株式会社の協力会社として、木製収納家具やクローゼット扉、室内ドアなどを製造している。同社の代表取締役社長は、木目シートのラッピング仕上げや溝・Vカットなどの各種加工、無垢材の塗装など、多様な加工技術と設備を有しているところが同社の強みと語る。この土台には、キャビネット製造で培った技術がしっかりと息づいている。
今年創立55周年を迎える同社は、植樹プロジェクトに取り組んでいる。木材を原料とする企業だからこそ、環境に対する思いは強い。今年は、香川県小豆島がオリーブ植栽100周年を迎えることから、工場敷地内に200本近くのオリーブの苗木を植樹。小豆島の知的障害者授産施設「ひまわりの家」から苗木を入手することで、同施設の運営にも寄与できるという意味あるプロジェクトだ。
また、社長と常務取締役は今年9月、インドネシアのジャワ島へ出向き、現地の子供達とともに4万本の植樹を行った。同社は、パナソニック電工(株)が2000年から協力会社とともに東南アジア各国で行っている植樹活動に毎年参加している。

元実習生に再会
同社は8年前から総勢16人の研修生・実習生を受け入れてきた。一期生を受け入れた時は、「頭を触らない」、「人前で怒らない」など、インドネシアの習慣を現場に張り出して、社員に協力を要請。今では、全社的にインドネシアの文化や宗教に理解ある理想的な環境で研修生・実習生8名が学んでいる。
現場での研修生・実習生について製造部長は、「彼らは理解が早く、理屈を教えるとすぐに覚えてくれる」と評価する。今後は、技術的な会話が日本語でできるよう、積極的に会話する姿勢が望まれている。また、技能検定の勉強は取締役部長が指導して下さる。「原木の絵を描いて説明することから始まり、日本語で理解できるまで指導するので大丈夫」という徹底ぶりだ。
今年9月のジャワ島での植樹の際は、社長と常務が、ジョクジャカルタにも足を伸ばし、駆けつけた元実習生達との再会を果たした。それぞれの近況報告や思い出話に花が咲いた。
初めてのインドネシア訪問となった常務は、現地の木製家具工場を視察し、「古い機械を使って、日本の3倍位の人材が雇用されている現状に驚いた」と語る。かつての日本のようだと感じたそうだ。

相談できる環境作り
研修生・実習生の生活や体調については、管理部の方が気を配って下さっている。寮の近くに住む社員の方が寮に立ち寄って様子を見たり、現場の社員の方が研修生・実習生に話しかけたりして、彼らと触れ合う中で気付いたことがあると、管理部の方に知らせてくれるそうだ。
管理部の方は、嫌なことがあったからといって、すぐに辞められない研修生だからこそ、「困ったことや悩みがあったら、小さなことでもいいからとにかく相談して欲しい」と常に彼らに伝えている。研修生・実習生は、何も言わずに我慢する傾向があるので、顔色や態度の変化などに気を配り、声をかけることなどで、素早い解決を図っているという。いつでも相談できる環境が、研修生・実習生と企業の間の強い信頼関係につながっている。
忘年会や旅行、ボーリング大会などの行事は、もちろん研修生・実習生も参加する。温泉に入って「熱いね〜」と驚いたりしながらも、日本の習慣に合わせて皆さんと楽しむそうだ。休日はバンド活動やサッカーなど、いろいろなところへ出かけて活動的だ。特に、自転車で遠くまで出かけるので、あちこちで彼らの姿が目撃されているのだとか。この行動力のお陰で、日本人が知らないような安売り情報もすべて把握している。
社長は今回、帰国した元実習生にインドネシアで再会して、「将来的に彼らと仕事でつながっていけるような環境にしたい」という思いが強くなった。インドネシアへの進出や、元実習生の日本での再研修など、法律改正の関係も含め、いろいろな可能性を今後探っていく考えという。
M株式会社が植樹した木がジャワ島で大樹となり、同社を巣立った人材がインドネシアで活躍する――。M株式会社とインドネシアの深く強いつながりは、これからもずっと続いていくことだろう。
M社代表取締役社長
代表取締役社長

M社常務取締役
常務取締役

M社インドネシアで元実習生達と再会
インドネシアで
元実習生達と再会


M社管理部の方と実習生
管理部の方と実習生
↑ページトップへ

 株式会社F 様

 「味の秘密は心意気」〜伝統の心を学ぶ研修生〜

以下JIAEC NEWS 2009年2月号より抜粋

□静岡県
□水産加工食品製造販売
□研修職種:非加熱性水産加工食品製造業(作業名:乾製品製造)
□従業員:45名

株式会社Fは、明治40年(1907年)の創業以来、干物や釜揚げしらすなどの水産加工を手がけてきた老舗企業だ。100年以上前から続く同社の自慢の味についてお話を聞いた。
現在、実習生6名と研修生3名の男女合わせて9名が、近代化された工場で非加熱性水産加工食品製造の技術を学んでいる。

塩へのこだわり
株式会社Fの原点は、船を持っていた創業者が、約102年前に清水港でしらす漁を始めたことにさかのぼる。その後、当初あおあじだけだった干物を様々な魚で展開したり、粕漬けやみりん漬けなど多彩な味付けも手がけることで確実に成長を続けてきた。近代化された衛生的な工場で、新たな試みを続けながら老舗の伝統の味を守り続けている。
2年前には、創業者の名前を冠した製品を開発し、高品質にこだわった新ブランドを確立した。
代表取締役社長によると、同社の味の秘密は、「心意気」という。お客様に「なぜ、株式会社Fの商品はおいしいのか」とよく尋ねられるが、特別「秘伝のタレ」があるわけではない。原料を吟味したり、衛生管理を徹底するといった当たり前のこと以外に、商品に対する思い入れや心意気、お客様への愛情などが、自慢の味につながっている。特に、塩にはこだわりがある。にがりが多いと旨みを吸収してしまうことから、ミネラルは多いがにがりが少ない塩を厳選して使っているという。
2年後には、法人化30周年を迎える同社。社長は、30周年を記念してインドネシアへの社員旅行を計画しているそうだ。

まずは体で習得
2003年からインドネシア人研修生の受入れを始めた同社では、今までに男女計17名を指導してきた。現場で指導に当たる工場長は、「研修生・実習生は、真面目で頭が良く、素直に知識を吸収できる」と評価する。研修生達は、インドネシアで魚の開きをやっていたので、初めてやらせてみてもかなり綺麗にさばくことができるという。彼らの配属先は、一つのことに集中すればいいという職場ではなく、いくつかの仕事のバランスを考えながら、今何をしなければいけないかを常に考えることが要求されるので、「成長できる職場」だ。
特に、食品工場の厳しい衛生管理などは、とにかく繰り返しやらせてまずは頭ではなく体で覚えてもらうのが一番。体で習得してから、知識を教えるとスムーズに理解できるようだ。そして6期目となった今では、重要なことは先輩から代々伝わっていく環境が出来上がった。
生活面では、以前は数ヶ月に1度、寮を訪れ掃除チェックを行っていたが、部屋はいつも綺麗なので、最近では寮に行くことはほとんどなくなった。業務部マネジャーは、水道光熱費が倍以上に跳ね上がった時に、風呂やトイレの使い方が日本とインドネシアで大きく異なることを実感したと振り返る。水やガスはタダではないことを指導して改善した。

日本とつながり持って
「日本にいる3年間に、何か楽しみがないと」と語る社長。研修生・実習生は、七夕祭りでは自分達で浴衣を着るなど、それぞれ楽しみを見つけてプライベートも充実させているようだ。年に数回あるバス旅行や花見などの行事には、研修生・実習生も参加する。花見の時には、インドネシア料理を沢山作ってきて、社員の皆さんを驚かせたそうだ。社長は、初めてのインドネシア料理は独特の味だったが、自発的に料理を作って持ってきてくれたことが「うれしかった」と振り返る。
工場長によると、彼らの歌好きは社内でも有名なのだとか。社員旅行で乗った船の中で日本の歌を大きな声で披露したり、先輩が帰国する前のカラオケ大会では歌って踊って、日本人は圧倒されるばかりだったそうだ。
社長は、実習生が帰国した時のことが忘れられないと語る。最寄り駅まで送る際、彼らからの希望で会社に寄ったところ、会社の皆さんと抱擁して泣きながら別れを惜しむ姿を見た。ふるさとに帰りたいが、日本の仲間とも別れたくないという彼らの複雑な気持ちが伝わってきたという。
帰国した実習生とは、なかなか連絡が取れないのが現状だ。社長は、帰国した実習生達の将来について、「日本という国に親近感を持って、日本とつながりある仕事をして欲しい」と期待を込める。将来的には、インドネシアに現地法人を立ち上げて、会社を巣立った元実習生たちが指導者となって、現地で捕れた魚を一次加工できるようになるのが理想的。それでも、現地の水産加工業の実態を把握したり、漁業自体の指導から始めなくてはいけないという大きな課題がある。
明治から続く老舗企業の「心意気」を学んだ彼らだからこそ、日本に対する親近感を常に持ち、祖国で活躍してくれることだろう。
F社代表取締役社長
代表取締役社長

F社工場長
工場長

F社業務部マネジャー
業務部マネジャー

F社富士山を背景に研修生・実習生9人と社長、工場長、マネジャー
富士山を背景に
研修生・実習生9人と
社長、工場長、マネジャー
↑ページトップへ

 JIAECの強み

上記のような受入企業がなぜ当協会にてインドネシア人技能実習生の受入を決められたのか?
その答えを知りたい方はこちら→の画像を今すぐクリック!!

JIAECの強み
詳細は↑をクリック
↑ページトップへ
制度の具体的内容や諸費用等については、お気軽にお問い合わせ下さい

◆当協会の紹介動画
こちらをクリックして下さい。

お電話でのお問合せ
・東京本部

〒102-0083 東京都千代田区麹町2-12-1 VORT半蔵門6階
公益社団法人 日本・インドネシア経済協力事業協会
電話:03-3221-0613(代表)
※「技能実習生受入事業のホームページを見た」と一言お伝え下さい。
FAX:03-3221-4717
・各国内支局(電話番号と所在地はこちらをクリック)
※「技能実習生受入事業のホームページを見た」と一言お伝え下さい。

◆電子メールでのお問合せ
E-mail:
※迷惑メール防止対策のため、記載メールアドレスは画像を利用しております。

技能実習生受入事業HOME技能実習制度について技能実習生受入の流れ
技能実習生受入企業の声JIAECの強み
介護職種の技能実習生介護職種技能実習生の受入要件JIAECの介護職種技能実習生の特徴
HOME協会概要協会の紹介動画組織図会員細則・入会申込
技能実習生受入事業看護・介護支援事業経済協力コンサルタント事業
人材交流事業事業内容 予算・決算お問い合わせ・リンク個人情報保護方針
情報・文書管理基本方針節電実行計画職員募集サイトマップ
Copyright© Japan Indonesia Association For Economy Cooperation. All Rights Reserved.